【求人・案件マッチングサイト】比較してみた その3

 

 

こんにちは! ここ数日はっきりしない天気が続いてますね…。お日様が少し恋しい林です。

暑いのは嫌だけど、洗濯物がじめじめしているのはさらに嫌です…(-”-)

 

 

【求人・案件マッチングサイト】比較してみた その1

【求人・案件マッチングサイト】比較してみた その2

と続き、 その3 でございます!

 

今日評価するのはこの3つのサイトです!

求人サイト2

 

就活・転職サイトです。 就活‥‥(遠い目)

あ、いえ、なんでもありません!

 

 

それでは進めていきますね、ひとつめです!!

 

 

マイナビ2016

就活中の学生さん、もしくは就職した方も、一度は利用したことがあるであろうマイナビ

卒業年度ごとにサイトがあります。

私はマイナビ2015を利用していました。。。あまり活用はしなかったですが(笑)

同様の就活サイトではリクナビ、日経就職ナビなどがありますね。

その中でも今回はマイナビを見ていきます。

 

トップページ(一部)はこのような感じです。

 

マイナビ

 

コンテンツの多さが半端じゃない。

全体は載せれませんが、右側に書き出しているのがTOPページにある項目一覧となります。

ここでのおススメはカレンダー機能ですかね。

マイナビから申し込んだ説明会やセミナーが自動で登録されたり、日にちから説明会を探したりもできて便利!

 

 

求人情報一覧はこちら

マイナビ2

 

絞り込みの項目が多く、求める企業にすぐ出会えそう!

業種はなんと143も! もちろん職種も細かくあります。

しかも複数選択が出来ちゃうので、いくつか気になっている業種があっても大丈夫です!

就活で、最初から「これ!」と業種・職種が決まってることってあまりないかと思いますし。

むしろ「どこ受ければいいかもわからないよ!」ってなる人もいますよね。私も最初悩みましたよ~。

 

 

そんな学生さんたちにはこれです。

就活支援!

マイナビ3

 

私はこの中の自己分析、特に適性診断MATCHを定期的に利用してました。

自分がどういった働き方を重視しているのか、どういった性格なのか、向いている業種は何なのか…などなど。

就活していくうえで気になることを診断してくれます。

 

他にも筆記試験対策面接・マナーなど。

不安多き就活生に役立つものがたくさんあります!

利用するには無料会員登録が必要になりますが、これだけのコンテンツがあるのならば、登録して損はないかと思います(^^)

 

 

もうひとつ、就活生が気にすることと言えば…「内定までの流れ」ではないでしょうか?

面接は何回あるのか、筆記試験は行うのか。

 

マイナビ4

 

マイナビにある採用情報の大半には、採用フロー内定までの所要日数選考方法などが記載されています。

就活生に対する優しさがたくさん。

しかし、その分利用する学生も多く、掲載している企業も大手ばかりだったりするので、必然と競争率は高くなるかと思います。

 

 

マイナビを見た感想↓

・業種選択が細かく、複数検索ができて絞り込みもしやすい

・カレンダー機能がある

・就活支援のコンテンツが多くある

・採用情報の中に採用フローや選考方法などがある

・大手企業が多く、利用者も多いため競争率は高い

・中小企業をメインに狙う場合はあまり向かないかも

 

 

 

 

 

TUNORU(ツノル)2016

「大手よりも中小企業を狙っていきたいなー」という新卒向け求人情報サイト。

 

トップページ

TUNORU

 

結構シンプルめなデザイン。

ぱっと見た感じでは検索項目が多いように感じますが、同項目の複数選択はできません。

業種や勤務地、特徴などを組み合わせて検索します。

 

求人情報一覧はこのような感じ。

TUNORU2

 

個人的には色の組み合わせが多く、少し見づらく感じます…が。

各企業ごとに、会社名の右側に雇用形態のアイコンがあったり、会社名の下に業種が記載されているのはありがたい(‘ω’)

一覧から本社所在地や勤務地がわかると、もっといいかなぁと思います。

 

 

採用情報(一例)

TUNORU3

 

こちらにも選考や採用の流れが記載されています。

マイナビもTUNORUもそうなのですが、項目ごとに表のように分けて書いてあると読みやすくていいですよね。

 

 

TUNORUを見た感想↓

・中小企業に特化した求人情報サイト

・色はもう少し減らす、もしくは統一した方がすっきりした印象になる

・求人一覧で雇用形態のアイコンや業種が表示されていて探しやすい

 →本社所在地や勤務地もあるといい

・何かコンテンツがあった方がいい

 

 

 

meeta(ミータ)

ちょっと変わった転職サイト。

 

トップページ

meeta

 

個人的にすごく好きな色使いとデザイン!水色って可愛い( *´`)

シンプルだけど、硬すぎずほんわかとした雰囲気でとてもよいです。

文字じゃなくてボタンでクリックできるものいいですよね、わざわざ文字にカーソルを合わせなくてもいいですし。

 

 

さて、このサイトの何が変わっているかというと、「シゴトフィット」という機能があることです!

meeta2

 

「シゴトフィット」とは、仕事における普段の行動仕事に求める条件の重要度 を選択すると、結果に合った求人情報を出してくれるというものです。

一通り選択して結果を出すと、このような感じ。

 

meeta3

うーん…? あっているのかどうかは置いといて、参考にはなって面白いです!

フィット率も出ます。何とも言えない値。。。(笑)

 

他にも、働き方性格タイプから選ぶこともできます。

 

 

求人一覧

meeta4

 

左側にある雇用形態や条件などを選択することで絞り込むこともできますが、一覧から雇用形態のアイコンなどが表示されていた方が個人的には嬉しいです…。

ちなみに同項目を複数選択して検索ができるのでその点では便利です!

 

 

採用情報

meeta5

 

デザインは可愛いのですが、文がずらっとなっているので少し見づらいです。

やはり表のようになっているのが、一番見やすいと思います。

大事な働く環境や条件が一番小さく載っているというのは、個人的にかなり不安です。(右下の黄色の部分)

各企業伝えたいことはあるかと思いますが、雇用形態や給与はなるべく最初に、大きく載せていただきたいですね。

 

 

meetaを見た感想↓

・デザインが硬すぎず親しみやすい

・マッチング機能があって面白い

・求人一覧でもう少し各企業の情報が出てるといい(特に雇用形態)

・採用情報(雇用形態や勤務地、福利厚生など)はなるべく大きく、わかりやすい位置に載せてほしい

 →その際は各項目を表のようにすると見やすい

 

 

 

 

さてさて、またかなり長くなってしまいました…(^-^;

 

前回はアルバイト系がメインでしたが、今回は新卒や転職の就職系メインでした。

 

 

そういえば、就職活動で説明会などをネットから申し込む際に、予約ができないことがあるそうです。

予約がいっぱいなのかと思いきや、有名大学で予約し直すと全然空きがあるという…。

このようなことは大手でたまにあるそうですが、出身大学で最初からふるいにかけるのは良い印象ではありません。

 

実際、大学によって学力に大きな差があるのは否めませんけど…(;’∀’)

そういう風習が徐々に無くなっていったらいいのにな、と思います。

 

 

ではでは、今回はこの辺で!

 

 

 

 

< 求人・案件マッチングサイト の記事一覧へ

writer

最近書いた記事

関連記事